20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録

死んでしまっては"知識"は残せないので、生きてる間に有意義な情報を残せればと思います。

初めての放射線治療

こんにちは。ムツ吉です。

2018年10月に血液の癌である悪性リンパ腫を告知され、同年12月より抗がん剤治療をしています。闘病日記のブログです。

 

病名は10万に1人と言われる

結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫

と診断され、

化学療法内容はA-AVD療法で治療してます。

 


癌で使える公共制度の話⬇︎

【20代・派遣社員・生命保険未加入 でガンの申告を受けてからのお金の心配】 - 20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録

 

癌が発覚してから抗がん剤治療でかかった費用⬇︎

【闘病中の医療費公開!】癌はこれくらい医療費かかります。 - 20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録

 


病気を経験した事で学んだ事をシェアしていきます。

 


治療計画としては

抗がん剤を4クール(私の場合は1クールが2回なので抗がん剤投与は合計8回)→放射線→経過観察

の予定で治療をしています。

初めての放射線治療

いよいよ放射線治療開始!

つい先程終わりました。

放射線治療はどのような感じだったかの書いていきます(^ ^)

治療目的

今回の治療の目的は

抗がん剤によって腫瘍が小さくなってるので

小さくなった腫瘍を局所的に破壊する

のが目的です。

どのような感じで治療するのか?

事前の説明をされ

放射線の順番を待ってると

いよいよ呼ばれた(≧∀≦)

 

まず、身につけているものをはずす。

メガネ、マスクを外して

上半身裸になる。

 

それから

台に移動し仰向けで寝そべる。

 

そして

この前とった型をはめられ、

(詳しくはこちら➡︎今日から放射線治療開始 - 20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録)

台に完全固定。

 

型が

ジャストフィットしてるので

唾も飲み込みにくい状況(笑)

 

そして

アナウンスが流れ

「今から当てて行きまーす」

と。

型がジャストフィットしてるので

口が開かず

「ウー」

という。

(自分的には「はーい」と言っている)

 

そしたら

周りからピーっと音が鳴り始めて

3分ほどで終了した。

 

「え、もう終わったの?何かした?」

と、言うような感覚でした。

f:id:mutsukichikun:20190618101848j:image

気をつける事

放射線にも副作用があるらしい。

私の場合は

喉の部分をやっているので

  • 唾を飲み込む祭などは飲み込みにくくなる場合がある。
  • 皮膚の表面が刺激に弱くなる

などの副作用を言われました。

 

辛いものなどの刺激物などは食べない方がいいとも言われました。

現在の季節は夏なので、

辛いものが食べたい日も

たまにありますが

ここは我慢。

 

副作用も次第におさまってくるくるとの事。

 

最後に

こんな感じで

初めての放射線が終わったわけですが

想像以上に

速く終わるので

余った時間を

どのようにすごそうかと

思っている入院生活でした♫