20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録

死んでしまっては"知識"は残せないので、生きてる間に有意義な情報を残せればと思います。

【放射線治療 11日目】喉の薬がヤバイ

こんにちは。ムツ吉です。

2018年10月に血液の癌である悪性リンパ腫を告知され、同年12月より抗がん剤治療をしています。闘病日記のブログです。

 

病名は10万に1人と言われる

結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫

と診断され、

化学療法内容はA-AVD療法で治療してます。

 

 


癌で使える公共制度の話⬇︎

【20代・派遣社員・生命保険未加入 でガンの申告を受けてからのお金の心配】 - 20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録

 

癌が発覚してから抗がん剤治療でかかった費用⬇︎

【闘病中の医療費公開!】癌はこれくらい医療費かかります。 - 20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録

 

 


病気を経験した事で学んだ事をシェアしていきます。

 

 


治療計画としては

抗がん剤を4クール(私の場合は1クールが2回なので抗がん剤投与は合計8回)→放射線(喉部分と胸部分に合計15回照射)→経過観察

の予定で治療をしています。

【放射線治療 11日目】喉の薬がヤバイ

先日から喉が痛いので

喉の薬をもらいました。

それが

ヤバイのです(笑)

飲み薬です。

その薬は

飲み薬で

見た目はジュースみたいな感じ。

 

色も少し緑色で、見かけは抹茶味のジュースなのだ。

飲み心地が最悪

見かけが抹茶ジュースなので

軽い気持ちで飲んだら最後、

想像以上に粘着力が凄く、なかなか飲み込めない!!

例えるなら

のりを飲んでるようなものだ!!!(笑)

(おそらく、この粘着力が喉の周りにひっつく事で喉の中を保護すると思われる)

 

正直に言うと不味い!!不味すぎる!!!

f:id:mutsukichikun:20190628203019j:image

 

薬の名前はなんというか忘れたが

そんな苦労をしながら

放射線治療11日目を向かえております(^ ^)