20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録

死んでしまっては"知識"は残せないので、生きてる間に有意義な情報を残せればと思います。

なぜ放射線治療で味覚障害が起こるのか

こんにちは。ムツ吉です。

2018年10月に血液の癌である悪性リンパ腫を告知され、同年12月より抗がん剤治療をしています。闘病日記のブログです。

 

病名は10万に1人と言われる

結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫

と診断され、

化学療法内容はA-AVD療法で治療してます。

 

 


癌で使える公共制度の話⬇︎

【20代・派遣社員・生命保険未加入 でガンの申告を受けてからのお金の心配】 - 20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録

 

癌が発覚してから抗がん剤治療でかかった費用⬇︎

【闘病中の医療費公開!】癌はこれくらい医療費かかります。 - 20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を診断されて完治するまでの闘病記録

 

 


病気を経験した事で学んだ事をシェアしていきます。

 


治療計画としては

抗がん剤を4クール(私の場合は1クールが2回なので抗がん剤投与は合計8回)→放射線(喉部分と胸部分に合計15回照射)→経過観察

の予定で治療をしています。

放射線で味覚障害が起こる訳

f:id:mutsukichikun:20190714135128j:image

現在、放射線治療を行って

22日目が経過しました。

これだけ月日が経過していても

副作用が起こっています。

主に、味覚障害は大変シンドイです。

なぜ放射線で味覚障害が起きるのか

放射線治療の副作用は、どこの部位にどれだけの線量が当たったか、そして患者さん個人の体質や体の状況によって異なります。
口の中、のど、食道などに放射線が照射された場合、これらの細胞を傷つけ、炎症を起こし、口やのどの粘膜が荒れたり、飲み込むときの痛み、口の渇き、味がわかりにくいといったことも起こる場合があります。

放射線治療で、口内が荒れ、いまだに味覚障害などが残っている。

 

⬆︎こんな事を書いています。

現在の私の状況

私の放射線治療は

喉と胸の二ヶ所を行いました。

そして

味覚障害は喉の部分の放射線治療が影響しているそうです。

放射線治療のイメージ

f:id:mutsukichikun:20190714133947j:image

⬆︎イメージ。

 

画像のように赤い部分に放射線を当てようと思っても、緑の部分のように関係ないところまで影響する。

私の場合

私の場合は

喉に放射線を当てるつもりでも

周りの味覚を司る器官に放射線が当たる事で

味覚を司る細胞が炎症を起こし、

味覚が感じにくくなる。

治るのか

医者曰く、

だいたい1ヶ月程度で治ってくるとは言われました。

 

いつも

毎朝起きる度に

「今日は、味覚は治っているかな?」

思いながら起きて

ご飯を食べて

「あ、戻ってないか」

と、思う。

 

これがいつまで続くのか

と思いながら日々を過ごしております