20代・男性・がん保険未加入・派遣社員で癌を宣告されてからの記録

死んでしまっては"知識"は残せないので、生きてる間に有意義な情報を残せればと思います。

癌患者(非健常者)が夏場のコンサートに行く時の注意点

癌患者(非健常者)が夏場のコンサートに行く時の注意点

こんにちは。ムツ吉です。

現在2019年8月。

夏真っ盛りです。

暑いです!

非常に、暑いです!!

熱々です!

 

そんな中最近

私、癌の寛解を祝して

エイベックスが主催する野外ライブコンサートに行ってきました。

f:id:mutsukichikun:20190819144416j:image

 

ライブも楽しかったのですが

夏の野外という事で

ずっと暑さを気にしっぱなしのライブの気がしました。

この記事では

今回は

私自身の経験から

非健常者が夏のコンサートに行く場合に注意する事

を共有していきます♫

 

健常者の方と違い、体力もあまり無いので

健常者の方よりも注意が必要と感じました。

事前に準備できるものは準備する。現場で準備するとエライことに。

「準備って大切!」

普段からはよく言いますが、今回はこの言葉がすごく身にしみました。

ライブによく行く方であれば、もしかしたらこれは常識なのかもしれません。

でもライブにあまり行かないと

特に気にせずフラーっと行ってしまいそうです(笑)

ですが、準備なしの夏のライブはお勧めしません!

 

私なりにライブ前に気をつけることをまとめてみました。

飲み物

 飲み物は

会場の最寄駅で買うのではなく、

買えるところで早めに買っておく

 荷物になるかもしれませんが、早めに買っておくのをお勧めします♫

会場の最寄駅で買おうとすると人が多すぎて時間を大幅にロスします。

(私の場合は自販機やコンビニに行列ができており、コンビニに至っては入店すのにもすごく長い行列ができていてジュース一本買うのに40分ぐらい並びました。)

夏は本当に熱中症になりやすいです!!

下手したら死にます。

ライブに行って死んでしまうのはもったいない!!!

ちなみにこの日は1日で3リットルぐらい水分を補給してました。

ハンドタオル

 ハンドタオルは1枚以上持っていくのがオススメ

 普段から動いているならまだしも

つい何日か前までずっとベッドの上の者には

立って歩くという行動自体が一苦労。

 

健常者の方より、めちゃくちゃ汗が出ます!

それと

ホントに自分でもビックリするくらい暑さに弱くなってました。

タオル、必須です!!!一枚だと汗の拭きすぎでタオルが濡れるので二枚以上でもいいのかもしれません♫

汗拭きシート

汗拭きシートは冷んやりするヤツがいいです!

こんなの↓

ビオレ 冷シート 無香性 大判20枚入り (クールタイプ制汗シート)

ビオレ 冷シート 無香性 大判20枚入り (クールタイプ制汗シート)

 

汗をかいたら、

まずタオルで汗を拭き、

汗拭きシートで暑い部分を拭いて、

そのあと扇風機などを当てるとめっちゃ気持ちいいです♫

冷却スプレー

ライブだけと言わず、夏のお出かけ全般的に必須!

 

8x4メン デオドラントスプレースマートシトラス 135g

8x4メン デオドラントスプレースマートシトラス 135g

 

これは必須!

スプレー中は凄く幸せです♫

夏の行事全般に使えるので

運動会、盆踊り、レジャーなどに(^ ^)

手持ちの扇風機

初めて使った感想「意外と風力強いし気持ちいい!」

 

 

「手持ちの扇風機」なるものを

初めて使ったのですが、意外と風強いです!

少し舐めてた部分があり、買うのを躊躇してたのですが友人が使ってるのを見て

すぐに買いました!

夏のライブ中は風が吹かない場所などもあったので、そういう時におススメです!

服装はラフに

「ライブだからこそ、着飾る!!」ではなく、「ライブだからこそ、ラフに!!」

ライブ会場は本当に熱く、ホントに少しの服装の差が熱中症を左右しそうです!

あと、ラフな服装の方が動きやすいし

ライブ中も楽しめるかもしれません(^ ^)

アリーナ席はあまりオススメしない

夏の野外ライブのアリーナ席は地獄!

私の席はスタンド側で、少し影がある方だったのですが

スタンド側からアリーナ席を見ると周辺に影がなく、直射日光がだだあたりしてました(笑)

恐らくアリーナ席の温度は40度ぐらいあったのかなと思います。

 

もし、席を指定できるならばアリーナはあまりオススメしないです。

まとめ

以上、癌患者(非健常者)が夏場のコンサートに行く時の注意点でした。

 

癌の治療が落ち着くと、気分転換にパァーッとしたい気持ちは凄くわかります。

 

身体を大事にしつつ、安全な形で気分転換できればと思います(^ ^)